Web担当の仕事とは

Web担当とは企業のWebサイトを管理するだけが仕事ではありません。Web担当の仕事とは日進月歩するWeb、インターネットのトレンドを掴み、それを自社のWeb戦略にどう活かすのかを考えるということも含まれます。

Webサイト、インターネットは、現在ではテレビや新聞に次ぐ「メディア」です。ただ、それらの「整った」メディアとは違い、Webサイトを構築することができれば誰でも情報を発信することができます。そしてテレビやラジオのように「広告枠」を活かして収益を上げるWebサイトもあれば、それ以外の目的で社会に貢献することもあります。インターネットのメディアは「放送」や「紙面」に比べてはるかに自由度が高く、そしてより「人の目的に対してクリティカルに」存在することができるのです。

企業がそのWebサイトを用意するのには必ず「理由」があります。Webの設置、維持、運営はそのまま「コスト」につながります。一般的な企業であれば、そのような「コスト」に対して見合うだけの収益を望むものです。現在ではどのようなビジネスでも「インターネット」の存在は無視できません。何をするにしても、誰に対してモノを売るにしても、サービスを売るにしても、購買に至るまでの行動に「インターネットで調べる」ということが含まれているものです。直接的にしても、間接的にしても、「Webサイト」の存在はビジネスに不可欠な存在になっているのです。

直接的にWebサイトで収益を上げるモデルの典型的なものとしては、「ECサイト」と呼ばれる「通販」の仕組みが典型的です。Webサイトを介して「モノを売る」というビジネスの最前線を兼ねるこれらのサイトは、それまで「店頭」で販売されていたモノを自宅にいながら、あるいはスマホでどこからでも、購入できるようにした典型的な例といえるでしょう。現在では大手の家電量販店の売上をひとつのECサイトが追い越すという現象に示されように、「インターネット通販」という購入の選択肢は至極当たり前のものとして世の中に受け入れられているのです。

Webサイトはそのような「実行力」を持つこともあれば、大きな商談に対して「アシスト」するような効果も持つことができます。すべては「目的」がブレていないことが大切で、そのWebサイトにどのような目的を持たせるのか、本当にそれを実現できるのかということはWeb担当の手腕にかかっています。どのような企業に属しても、Web担当はダイナミックな仕事であることは間違いなく、ただ小手先の更新業務だけではなく、目的を見据えた長期的な視野、そして煩雑な業務を以如何にしてこなすのかというタスク管理、業務管理の手腕も含めて、時代に求められる、今では欠かすことのできない仕事として存在しています。

その仕事ならではの悩み、この仕事ならでは達成感なども含めて、Web担当の仕事を、事例を交えて紹介していくことで、現在その職につく人、そしてそこで何かに躓いている人、さらには未来のWeb担当に対して何かを残せるべく、深く掘り下げていきたいと思います。根本にあるのは「仕事である」ということです。楽しくホームページを作って「できました」というような世界ではないということだけは念頭におくようにしてください。

MENU

PR